フロアコーティングで綺麗な住まい【住まいでスマイルづくり】

作業員

様々な種類がある

今後期待されるガラス機能

作業員

窓ガラスは住宅の外部と接触しており、あらゆる環境の中で設置されているため、その影響を受けやすい傾向があります。窓ガラスを2重にすればその負担も半分に軽減されますが、既存住宅から取り替えるには費用も手間もかかります。そこで最近利用が高まっているのが窓ガラスコーティングであり、簡単施工で済むため、時間も費用もかけたくない人に向いています。窓ガラスコーティングに今後期待される効果は、どんどん高まる気温と有害物質に対応するため、更なる効果アップが求められます。また東日本大震災を機に日本各地で大地震の可能性が高まっているため、地震が起きた時にガラスが飛散しないよう、ガラス飛び散り防止機能も注目されています。

窓ガラスコーティングの注意点

窓ガラスコーティングは特殊な液を塗るだけで、断熱や遮熱効果を得る事ができ、有害な紫外線や赤外線をカットできる優れた効果を持っています。室内を快適に過ごすため冷やしたり温めたりした空気が、窓ガラスから放出されないよう加工されているため、室温を一定に保ち、結露が発生しにくいのも魅力です。しかしそんな窓ガラスコーティングにも注意点があるため、事前に確認しておくと安心して任せる事ができます。窓ガラスコーティングの注意点は持続効果が10年であるという点であり、その期間を超えてしまうと効果が消失します。そのため10年を目安に再施工する必要があり、忘れずに窓ガラスコーティングする事で、再び高い効果を発揮する事ができます。